2018.07.12 Thursday 17:43

「保育は明るく楽しい必要悪」(掛札の言葉)

(keiko oedaさんの投稿をスレッドにしました。ちなみに初版の背表紙が間違っているのは、すぐに修正して、ご希望の方には交換をしています。以下で「読者会」とあるのは、雑誌『エデュカーレ』で開いた読者会のことです。)

(掛札の返答は、下のコメントに書きます)

 

先日の読書会の中で、掛札先生が、
「保育は楽しく明るい必要悪という立場でやらないと、保護者から子育てを奪ってしまう」と言われていました。

「深刻死亡事故」にかかわるご自身の仕事についても「なくなることを前提にやっているし、そうやって自分の仕事がなくなることを前提に行うことは極めて健全です」とも。

死亡事故がなくなれば、それに関する情報や研究が必要なくなるから、というのはわかるのですが、
保育もなくなったほうがよい、という立場だと言うことなのでしょうか?
小学校もなくなったほうがよい?

私は専門家の人が、子どもを育ててくれることに意義を感じているので、なぜ、保育が必要悪なのかがよくわからないのです。
現状のような、園によっては危なっかしい内容で、しかも長時間やっていてもないよりはいい、という意味でしたら理解できます。
(ただ、そうであれば、研鑽を積み、保護者と協力しながら保育している園の先生たちにとって、まるっと必要悪、と言われてしまうのはどうなのかなあーと。そもそも、保育者は保護者の代わりではないので


私は個人的には、赤ちゃん生まれたら、
1年間は保護者が保育園にきて、
プロの保育者と一緒に、
みんなで子育てし合えるというのが
理想だと思ってます。
ただ、お母さんやお父さんが病気のときなどは、
預かってくれる。これは絶対に必要な保育。
社会で育てるというのは、そういうことかと。

1歳児なら保護者は来てもいいし、
2歳になったら、子どもだけで。
徐々に集団へ送り出すイメージです。

掛札先生の考える理想の子育て環境というのが
どういうものなのかなと興味がわきました。


2018.07.03 Tuesday 10:35

人工内耳をつけて音が聞こえるようになった赤ちゃん(ビデオ)

 今、ネット上で話題になっているビデオ(YouTube)です。

 人工内耳をつけてスイッチを入れ、「初めて音を聞いた」赤ちゃん。「え?」という顔をして耳に手をあてています。お母さんは泣き出し…。

 もちろん、これですぐに、周囲の音の意味をわかるわけではありませんし、言葉がわかり、話せるようになるわけではありませんが、第一歩。

https://www.youtube.com/watch?v=5K5SelegbXA

 

(掛札)


2018.06.26 Tuesday 15:07

『3000万語』をグループで読んでいます

 掛札の友人からコメントをいただいたので、許可をいただいて転載します。田中由美子さんは、日本ベビーダンス協会の代表で、もともとはプロのラテンダンサー。ご自身の子育て経験から「親御さんが赤ちゃんを抱っこしてできるダンスを!」と、ベビーダンスを考案、日本じゅうでインストラクターさんを育てて、活動していらっしゃいます(保育園を活動の場にしているインストラクターさんも)。「抱っこ」の専門家でもあります。以下、田中さんのコメントです。

 

-----

 

 私は、ハートとリズリーが科学を「社会貢献」と捉えているところが興味深いなぁと思っていて、たまたま別の(恩送りについて)脳の活動分野の研究を調べているところでこの章を読んだので、いろんな閃きがありました。 

 

 この書籍の文章どこかがなくなっても、なんとなくさみしいですが、柚木さんのイラストバージョンがあってもきっと読みやすいですね! 

 

 私がおすすめしたいのは、この書籍を活用した読書会です。 日時を決めて集まったら30分読書タイム。 1ページごとに要約した内容を話す。 皆でわからないところを解決する。 質問してみたいことを残しておく。 参加できなかったメンバーにシェアできるよう要約文章をまとめる

 

 1章に4時間以上かかった日もありましたが、調べながらみんなで話すことで、コミュニケーションにもなりました。 

 

 保育士さんたちには、この読み方を、ぜひおススメしたいです。 読書は著者の意見に耳を傾けるということだと思うのですが、要約をしてみると、人によっては、そのページの意見に耳を傾けずに読んだつもりになっている場合が明らかになります。 これは、意見をそのまま聞くという傾聴スキルのトレーニングにもなるかもと思います!

 付箋を使って要約したらビジュアル的にも達成感が(まだ旅の途中ですが)。… 保育士さんへ。付箋はできるだけ小さめの方が、自分の言葉(名言風)にまとめられますよ。

(下の写真が、田中さんの『3000万語の格差』です。)

 


2018.06.25 Monday 10:31

「コメント(comments)」を見る方法

「コメント欄にたどり着けない」というお尋ねをいただきましたので。

 

(スマホの場合)

・タイトルが新しい順に上から並んでいます。

・タイトルを押すと、その本文が見られます。

・本文の下、TwitterやFacebookのマークの下に「comments」と書いてあります。その後ろに(0)とあったらコメントなし。1以上はコメントありです。

・コメントがある(1以上)の場合は、その「comments」を押します。

・「この記事へのコメントを見る・書く」とあるので、そこを押します。

以上です。

 

(パソコンの場合)

・本文の下のTwitterやFacebookのマークの下に「comments」とあり、そこを押せばコメントを読むことができます。パソコンのほうが簡単です。

 

 掛札が管理・制作しているウェブサイトがロリポップなので、この無料ブログを使っていますが、他の無料ブログも同様の仕様のようです。お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 


2018.06.17 Sunday 13:35

イラストで「3つのT」

●「3つのT」をイラストでわかりやすく解説してほしい、というご要望を発達支援、子育て支援、保育の皆さまからいただいておりますので、数か月のうちには出せるようにします

 

●10月にはシカゴに行ってくる予定です。(掛札)


2018.06.17 Sunday 09:36

下にある投稿の説明…

「3000万語ウェブサイト」からおいでになった方は、「なにが起きている?」とお感じになったと思いますので解説を。先日、保育の雑誌『エデュカーレ』で『3000万語の格差』の読者会が開かれ、その後、皆さんが意見をかわしたいとのことでしたので、このブログを暫定的に開設した次第です。

 

ですので、下の投稿(「算数と3つのT」以外)とは無関係なことでもなんでも、どこのコメント欄にでもお書きくださいませ!

 

下の議論が起きている理由は、私(掛札)があとがきに書いた通り、今の保育の現状(子どもは11〜15時間、毎日毎日保育園で過ごす。シフトで保育者が入れ替わる。人手がぎりぎり。保育以外にすることが多いなどなど)で、赤ちゃんにとって一番大事な「チューン・イン」ができるのか、できているのかという(読者会における掛札の)問いかけに端を発している部分も大きいと思います。

 

「できているつもり」で園や業界自体が進むのはかまわないのですが、特に都市部で子育てを保育が肩代わりしている現状からすれば、赤ちゃんの脳の発達にとって良いとは言えないのではないか。そして、「できているつもりでできていない」が10年後、20年後になって「なにやら目に見える結果」になった時では遅い(もちろん、それが10年前、20年前の保育者や保護者の関わりの結果だとは誰にも証明できないのですが)。だから、保育園における「3つのT」を科学的に研究し、その結果も調べるべきだと私は考えているわけです。『3000万語の格差』が保育者にとっても役立つとは言っても、もともと保育園を想定した本ではありませんので…(「科学的研究」とは何かは、下にリンクの貼ってある「研究所だより」にちらと書いてありますが、また詳しく書きます)。


2018.06.15 Friday 23:03

ひとつ…

 掛札か高山先生が何か書かないと先に進まないのかな?と思って、書き込みました。ですが、掛札は門外漢であり、なおかつ、「常識」と呼ばれているものを疑うのが専門(社会心理学)であり、「良い、悪い」「正しい、誤り」「こっちか、あっちか」のような二分法は、かたはしから疑っていきます(掛札が専門にしている「リスク」の世界にも明確な二分法はありませんから)。子どもの世界にこういった二分法はありえないのですから、保育や子育ての世界にも、「二分法」はないと思います。むろん、「これは絶対ダメ」はあるでしょうけれども。

 

 そして、 このブログは皆さんの場所です。掛札や高山先生が、皆さんのご質問にお答えする場所ではありません。

 どうぞ、ご了承のうえ、どんどんお書き込みください。今でもすでに、いろいろな話題が出ていますから。新しい話題や感想その他は、このスレッドでもどこでも書き込んでください。「こんなことを言っていいのかな?」「間違っていたらどうしよう」「うまく書けない」…、そうお考えになること自体、「なんでも言ってみる」「試してみる」「聞いてみる」子どもたちの世界から遠く離れた、「おとなのお約束」なのだと思ったほうがよいのではないかと…。

 


2018.06.15 Friday 16:24

このブログの見え方、使い方

早速の書き込み、ありがとうございます。

最初の呼びかけに対して
・意見、疑問としていただいたものは、新しいスレッドにして、最初のスレッドでは「非公開」にしました。
・感想としていただいたものは、最初のスレッドに残しました。

Jugemのブログは固定スレッド(常に一番上に置くスレッド)が容易には作れません。ですので、新しい意見、感想は、このような事務連絡スレッドにコメントとして書いていただくか、または既存のスレッドに「話題は違いますが」と書いてください。そうしたら、そのコメントは別スレッドにして、元のスレッドでは「非公開」にしますので。

つきましては、「非公開」となっているコメントは、
・新しいスレッドにしたもの
・誹謗中傷など
・スパム
を管理者が非公開にしたものとなりますので、気にしないでください。基本、このブログは送信ボタンを押したら、すぐに「公開」されます。


2018.06.15 Friday 14:48

「定義」とはなにか

 下の大枝さんの「自己肯定感」の話以外でも、「定義」の話が出たので、書いておきます。

 まず、こちらのリンクの5ページ、掛札の文書をお読みください。これが前提です。これを読まないで次へ行かないでくださいね。

 日本保育協会 保育科学研究所『研究所だより』22号(2016年) 「研究を科学にするのは、最初の『定義』」

 

 パッと考えただけでも、「定義」にもいくつかあります。

 

1)辞書的な定義:大枝さんが書いていらっしゃる(元は私が回答に書いた)「誰が答えても『セルフエスティームとは自信と満足』と言い切」る。これが辞書的な定義です。現実の生活や議論や研究においては、実はこの定義は役に立ちません。「自分に対する自信って何?」「自分に対する満足って何?」となってしまうからです。

 

2)現実の生活や議論における定義:保育にも出てきますが、いわゆる「共通認識」と言うものです。

 園内コミュニケーションの話をする時、私は時々、こういう質問をします。「あなたにとって『子どもに寄り添う』ってどういう行動ですか?」「あなたにとって『クラスの棚の上が片付いている、整理されている』って具体的にどういう状態ですか?」「あなたにとって『子どもの最善の利益のための保育』って具体的にどういう保育ですか?」「あなたにとって『子どもの睡眠の様子をチェックする』ってどういう行動ですか?」。これ、園内の一人ひとりでかなり違うはずです。もちろん「子どもへの寄り添い方」は保育者一人ひとり違って当然ですし、違っていたほうがいいのですが、「片付く」が違えばクラスの保育者の中で不和が起きますし、「睡眠チェック行動」が違ったら命にもかかわる。「子どもの最善の利益」はよくわかりませんが、ひとつの園の中ではある程度、そろっていたほうがいいでしょう。

 これも定義です。「同じ言葉を使っていても、あなたと私で違うことを考えているかもしれないね。これは、違ってしまうと困るね」という時に定義する。一方、違っていい、違うことに価値がある時は、「違うよね」「違うからいいんだ」「へえ、そういうことなんだ」で豊かになるでしょう。

 「自分に対する自信」「自分に対する満足」ってどういう気持ち?とまわりの人に聞いてみてください。おそらく違うことを言うでしょう。ただし、考えるのがめんどくさいから、または先輩と違うことを言って後が大変!になりたくないから、「〇〇さんと同じです」という人が続いた時に、「みんな、同じことを考えているんだね」と思うのが誤りであることはおわかりの通りです(自分の意見を言ってなんぼと育てられている米国人は、「〇〇さんと同じです」を言いません。受け売りでもなんでも、自分が考えたかのように言います)。

 

3)科学的研究における定義

 これが上の『研究所だより』に書いたことです。Operational definiton(操作的定義)と呼ばれるものです。「この研究では、self-eteem(日本語では「自己肯定感」または「自尊感情」と言われる)、セルフ・エスティームをこのように定義し、次のような尺度を用いて測った点数をその人のセルフ・エスティームのレベルとします」、これが操作的定義。

 

 掛札が言っている「定義」は、2と3です。辞書的定義は大事ですが、複数の人で話をする時、あいまいに、お互いがわかった「つもり」、共通認識を持っている「つもり」で話すことは危険ですし、それでは何も具体的には変わりませんから。

 ご興味をお持ちの方は、たとえば、

自尊感情尺度

でネット検索してみてください。英語で最初に開発されたセルフ・エスティーム尺度や日本文化独自の尺度を作ろうとしている研究がいくつも出てきます。ある文化で作られた尺度が他の文化にそのまま使えるかどうか、それ自体、検討しなければいけませんから。

 

 日本語の単語と英語の単語が100%、イコールになることはないと思います。ですから、self-esteemを「自己肯定感」と訳したのは、あくまでも辞書的定義を用いた近似値です。従来使われてきた訳語「自尊感情」を使うべきだったのかなとは反省しています(「自尊感情」は「自尊心」とかん違いされて、それ自体がマイナスなイメージでとらえられるため使わなかったという経緯があります)。

 


2018.06.15 Friday 14:07

自己肯定感について

自己肯定感について

いただいた質問紙の回答の中に、
もし、自己肯定感が、グリッドや成長の心の枠組み(グロースマインドセット)と同じ意味なら問題ないのでは?とありました。

自己肯定感はシンプルにいうと
「自分にはそのままで価値があるという考え方」。
(可愛いから、役に立つからではなく、
存在そのものに価値を認められる)
保育辞典やいろんな著書に
そのように説明されています。
ただ、書く人によって微妙に表現が違うので、
それは「定義」と言えるのか?
(誰が答えても「セルフエスティームとは自信と満足」と言い切られることが、定義なのですよね?)

また逆に英語には、日本の「自己肯定感」に当たる
言葉はないのでしょうか? 

 

keiko oeda


<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.