2018.06.15 Friday 09:07

保育におけるチューン・インについて(2件)

(類似のご意見なので、併載しています。)

 

おはようございます。

保育の実践にTune inを何とかして持ち込もうと考えたときに、まだ混乱します。

実行機能や自己制御を育てるための関わり、その最も重要で基盤となるTune inと、子どもの姿から育ちや学びを読み取ろうとする保育者の自然な働きかけとしての「子どもと、子どもが興味を持っているものに興味を向ける」は全く違うものなのか。
それとも同じ線上にあるものなのか。

 

中村章啓 

 

------

 

読書会で、ちょっと気になった、しかし重要と思われる点があります。掛札先生と高山先生の Tune in の内容理解の違いの有無です。

掛札先生は、集団保育では Tune in は無理である旨のご発言をされたと思います(1人の子に Tune in しても、他の子が来たら切られるから)。他方、高山先生は、環境構成により集団保育でも Tune in 可能である旨、発言されたと記憶しております。

両先生の見解は矛盾していません。しかし、そもそもお二人の Tune in は、掛札先生の内容が 高い「同調」であるのに対し、高山先生のがそれ程高い「同調」の理解ではないのではないか。

「静かにしている子どもたちほど、『手がかからない』から保育者は関わっていない」ことに注意していても、どうしても Tune in できないで終わる子が出てきてしまうことから、Tune in の理解が違うのではないか、と疑問を持っていました。 

 

Shigeatsu Fujita 


<<new | 1 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.