2018.06.14 Thursday 23:26

新しい話題、質問、なんでもどうぞ

ということで、どなたかどうぞ。

まず、本日開かれた『エデュカーレ』の読者会に参加なさった方のご感想、なさっていない方のご意見やご質問、なんでも、コメント欄にお書きください。そこからスレッドを立てますので。よろしくお願いいたします。Jugemのブログはなぜか、コメント欄とかがすべてアルファベット(英語)で、「コメント」とか「名前」とかじゃないのです…。わかりにくくてごめんなさい。時間があったらカスタマイズします。(管理者:掛札逸美)


Comment:
2018/06/15 1:01 AM, keiko oeda wrote:
掛札先生 本日は刺激的(すぎる)時間を
ありがとうございました!
とりあえず、テストとして、
書き込みさせていただきます。
2018/06/15 1:12 AM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
2018/06/15 2:12 AM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
2018/06/15 6:34 AM, pucitoma wrote:
昨夜 参加させて頂きました。
スピードとパワー、とても近い距離で圧倒される
つつの素敵な時間でした。
そして、自分の語彙をもっと増やさないと!と思いました。
勤務先の法人でハンガリー保育をどう取り入れられるのかと研修したり試行錯誤しています。
言葉かけ、見守りはやはり基本なので、昨日の先生方のお話も参考にしていきたいと思います。
ありがとうございました。
2018/06/15 7:21 AM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
2018/06/15 1:22 PM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
2018/06/15 2:39 PM, オオノ。 wrote:
昨夜は脳内で情報処理システムがパニックを起こしたのか遅くまで眠りにつく事が出来ませんでした。

٠Tune in,には『見守る姿』も含まれる٠٠
٠Tune in 間違った解釈がある事の自覚、決めつけを恐れよう!疑おう

自らの言葉磨きも必要だなぁ、と感じています。





2018/06/23 8:44 AM, 鈴木弓子 wrote:
「3000万語の格差」を読んでから
子どもが発する言葉について深く考えるようになり、子どもたちの行動や思考を結びつけて考えるようになった。

保護者や保育者等が園で子どもたちと会話をする時、今まで以上に関心を寄せて耳を傾けるようになった。

はじめの一歩だが、保育士の愛読者が増え、子どもがより言葉が出やすくなるような環境づくりに、職員の意識が高まるようになってきた。子どもへどのような声かけが良いのかを書き出し会議の時間を持つようになった。

始めたばかりなのに、子どもが安心して過ごせる空気を感じる。
2018/09/15 10:35 PM, 逢坂 wrote:
初めまして、逢坂と申します。3000万語の格差を読んで感銘を受けました。
私は保育士として7年ほどの経験があり、今は子ども関係の別の仕事をしています。
3000万語の格差について仲間ともっと勉強をして、理解を深めたいという思いを持っています。
もし、このブログをご覧の方で、関西在住で、一緒に3000万語の格差について、または関連資料について自主勉強会をしたり、仲間内の親子イベントを計画して3000万語の格差の内容を実践することなどに興味のある方がいらしたら、お会いできたらなと思っています。
なかなか近場で仲間に恵まれず、僭越ながらこちらにコメントさせていただきました。ご迷惑でしたら、投稿を消していただいても構いません。

失礼しました。
2018/09/20 7:57 PM, かけふだいつみ wrote:
逢坂先生、ありがとうございます! 保育士さんのグループは今のところ、存じ上げないのですが、「グループで読んでいます」の方たちとおつなぎしましょうか? 赤ちゃんと、赤ちゃんをお持ちの親御さんたちと直接かかわっている方たちなので、共通点はたくさんあると思います (^^)v
2018/09/21 12:25 AM, 逢坂 wrote:
掛札先生、こちらこそありがとうございます。是非、お願いしたいです!日頃、保育士目線でしか見ていないので、親御さんの視点はとても勉強になりますよね(^^)
2018/09/24 9:16 PM, かけふだいつみ wrote:
逢坂先生、承知いたしました! では、逢坂先生にメールをします。
2018/09/25 8:36 AM, かけふだいつみ wrote:
逢坂先生、

ブログの「『3000万語』をグループで読んでいます」のスレッドの方が主宰なさっているベビーダンスのインストラクターの方たちです。日本じゅうにインストラクターがおり、関西にもたくさんいて、赤ちゃんをお持ちのお父さん、お母さんたちと関わって活動をしています。

関西にも、読者会をしている方がおいでです。ですからばっちり!かと。田中さん(主宰者)に逢坂先生のアドレスをお伝えしましたので、関西の方から連絡がいくと思います。
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.