2018.06.15 Friday 10:18

算数と「3つのT」

(NPOサイトにいただいた感想と、それに対して掛札がお尋ねした内容に対するお答え=疑問、をまとめました)


 本を読むのが好きな保育士です。図書館でいろいろ探しては、おもしろそうだな〜と思う本を借りてきては読んでいます。内容に説得力があり、興味をもってぐんぐん読んでいきました。ただ、途中、難しいことが書いてあり、理解するのに、2度読みしているうちに集中力がなくなって、完璧理解はできずで残念したが。
 「応答的な関わりが大事だよね」とよく、仲間で話をしていましたが、その理屈を今ならわかりやすく、保護者に伝えられそうです。大変参考になりました。
 最後の方に書いてありました保育についての考え方も「そう、そう、そうなんです〜」と叫びたいぐらい同感しました。もっと保育を大事にしたいと思いました。また、ここで掲載されている内容から安全に対する情報を集めたり、学んだりしてがんばります。

 

(上のメールに対し、「どこが難しかったですか?」とお尋ねして、いただいた疑問点)

本の中で、よくわからなかったのは、算数と「3つのT」の部分です。
ひとつずつの項目の内容は、なんとなく、あー、なるほどとわかるのですが、それが、最後の結局のところ、算数は基本的なスキルの一つなのでしょう。とありますが、算数も、言葉が基本となっているということ?
と、すっきりわかるような?わからないような?となってしまったのです。

 

 


2018.06.15 Friday 09:07

保育におけるチューン・インについて(2件)

(類似のご意見なので、併載しています。)

 

おはようございます。

保育の実践にTune inを何とかして持ち込もうと考えたときに、まだ混乱します。

実行機能や自己制御を育てるための関わり、その最も重要で基盤となるTune inと、子どもの姿から育ちや学びを読み取ろうとする保育者の自然な働きかけとしての「子どもと、子どもが興味を持っているものに興味を向ける」は全く違うものなのか。
それとも同じ線上にあるものなのか。

 

中村章啓 

 

------

 

読書会で、ちょっと気になった、しかし重要と思われる点があります。掛札先生と高山先生の Tune in の内容理解の違いの有無です。

掛札先生は、集団保育では Tune in は無理である旨のご発言をされたと思います(1人の子に Tune in しても、他の子が来たら切られるから)。他方、高山先生は、環境構成により集団保育でも Tune in 可能である旨、発言されたと記憶しております。

両先生の見解は矛盾していません。しかし、そもそもお二人の Tune in は、掛札先生の内容が 高い「同調」であるのに対し、高山先生のがそれ程高い「同調」の理解ではないのではないか。

「静かにしている子どもたちほど、『手がかからない』から保育者は関わっていない」ことに注意していても、どうしても Tune in できないで終わる子が出てきてしまうことから、Tune in の理解が違うのではないか、と疑問を持っていました。 

 

Shigeatsu Fujita 


2018.06.15 Friday 09:05

「チューン・イン」そのものについて

掛札先生、本日は大変ありがとうございました。


三千万語の格差の肝の部分はTune inだと感じました。とすると、乳児、3歳未満児のTune in、どういう風に彼らが世界に意識を向けていくのか、と言うメカニズムが気になるところです。


アメリカの小児科医アリソン.ゴブニック博士が書いた、哲学する赤ちゃんと言う本があるのですが、それによると乳幼児期の周囲に対する注意の向け方は、大人がライフルのように無駄を省き一直線に注意を向けるのに対して、ランタンの灯火のように、全体的にぼやっと注意を広げていることが多いと言います。

 

確かに、赤ちゃんは風に揺れている花を見ていたかと思うと、飛んできた鳥にさっと注意が移り、隣で音がすればそちらに注意が向かいます。情報をとにかくランダムに取り入れ、少しずつ、統計的に処理をしていのではないかと、その著者は述べています。

 

とすると、三歳未満児へのTune inは、ぼやっとした全体的に広がる彼らの注意に対して行うことが多くなるはずで、talk moreをどう展開していったら良いのだろうと思いました。

 

また、Tune inは、大人対子どもの間だけのものではなく、子ども対子どもの関係においても、しょっちゅう起きています。子ども同士では、そこに豊かな言語が伴わない場合が多いのですが、Tune inは子どもの方が上手かもしれません。

大人から見れば、取るに足りないもので、よく取り合いの喧嘩とかをしています。
子ども同士の関わりから、子どもの心情が見える時もありそうだと思いました。

 

しもたか


2018.06.14 Thursday 23:26

新しい話題、質問、なんでもどうぞ

ということで、どなたかどうぞ。

まず、本日開かれた『エデュカーレ』の読者会に参加なさった方のご感想、なさっていない方のご意見やご質問、なんでも、コメント欄にお書きください。そこからスレッドを立てますので。よろしくお願いいたします。Jugemのブログはなぜか、コメント欄とかがすべてアルファベット(英語)で、「コメント」とか「名前」とかじゃないのです…。わかりにくくてごめんなさい。時間があったらカスタマイズします。(管理者:掛札逸美)


<<new | 2 / 2pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.